高価買取・スピード査定で評判のトラック、重機・建機、バス買取業者10社を徹底比較!ランキングで紹介します。

トラック買取に必要な書類と手続き

サムネイル

トラックなどの車両を売却する際に、必要な書類と手続きについてご説明します。

譲渡証明書
買取してもらった車両が業者側へ譲渡されたことを証明するための書類になります。
委任状
業者が本人に代わって、名義変更や廃車手続きをすることを証明する書類になります。捺印する際の印鑑は実印でなければいけません。
印鑑
印鑑登録証明書に登録された印鑑と同一のものを用意してください。
印鑑登録証明書
各市区町村の役所に申請をする必要があります。発行日から1ヶ月以内のものを用意してください。
自動車検査証(車検証)または、登録識別情報等通知書※(一時抹消)
車検証または、登録識別情報等通知書の提出が必要です。※ナンバーが付いていない車両、一時抹消されている車両には車検証がありませんので、その代わりになるものです。
自賠責保険証明書
加入が強制的に義務付けられている、自賠責保険証明書を用意してください。
自動車納税証明書
毎年支払義務がある自動車税の支払い証明書です。領収印のないものは無効となります。※紛失の場合は、別途書類が必要です。
リサイクル券(預託証明書)
廃車時にかかるリサイクル費用を、事前に支払っている場合に発行される書類になります。

売却する際には、以上のような書類が必要になります。手続きがスムーズに完了するように、あらかじめ準備しておくようにしましょう。

 

トラックを高く買い取ってもらうためのコツ

トラックを高く買い取ってもらうためには、どのようなポイントに気をつければいいのでしょうか。そのコツをご紹介します。

 

高い買取が期待できるポイント

  • ・新車購入時からずっと所有者が同一のワンオーナー車
  • ・走行距離が少なく、外観に目立つ傷がない綺麗な車
  • ・事故歴や修復歴が無い車
  • ・メーカーやディーラーなどの購入時の保証書を保管しており、走行距離の証明が可能な車
  • ・年式が比較的新しい車

 

上記に該当されるトラックであれば、高価買取が期待できるでしょう。また、たとえ年式が古い車でも、取扱説明書、定期点検記録簿、付属部品などがしっかりと残っているトラックや、室内が綺麗な状態のトラックは高値で買い取ってもらえることもあります。

査定前にしっかりと整備確認する

査定前には、社内の汚れを落としたり、外装の洗車やワックスがけなどをしておきましょう。走行距離や年式以外にも、車の印象は非常に重要です。新しい年式でも、汚い社内や外装だと印象を悪くしてしまいますし、逆に古い年式の車でもとても綺麗であれば査定スタッフの印象も良くなり、高額売却が望めます。

高値売却が望める売却時期を狙う

トラックを高値で売却するためには、売る時期も非常に重要です。中古車市場は3月期末に向けて、仕入れが活発となることから、一般的には12月~1月はじめに売却するのがいいとされています。過走行や古い年式のトラックでも、時期を変えれば高額の査定金額が望める場合もありますので、参考にしてください。

TOPへ戻る

Ranking

Contents

ページトップ