高価買取・スピード査定で評判のトラック、重機・建機、バス買取業者10社を徹底比較!ランキングで紹介します。

重機、建機の買取について

サムネイル

画像
重機、建機の買取についてご説明します。重機や建機には、ブルドーザーやダンプカー、フォークリフトなどの他、自走式木材破砕機や自走式土質改良機など様々な種類があり、国内はもとより海外でのニーズも豊富です。そのため、通常の車では買取をしてもらえないような過走行や年式の古い重機や建機、車検が切れていたり、私有地に放置されていた重機や建機などでも買取が可能な例が多くあるようです。先進国の日本とは違い、発展途上にある海外諸国では重機や建機が不足していることが多く、かつ日本製は海外製に比べて故障が少ないことから、古いものでもメンテナンスをした上で、海外に向けての販売が可能です。

 

買取についても、トラック買取と同様に無料査定を業者に依頼し、買い取ってもらう流れになります。なるべく高い買取価格と質の良いサービス内容の業者を見つけるために、多くの業者に査定してもらうようにしましょう。トラック買取業者の項目でもご説明しましたが、後々のトラブルに発展しないためにも、金額だけではなくサービス内容や実績、営業所、社員数などをしっかりと確認し、名義変更手続きなどの対応が迅速な業者や、サポート力が強い業者などと契約することをお勧めします。契約後の手続きについても、普通乗用車やトラックと必要な書類や手続き等は変わりません。

 

事故車、故障車、不動車の買取について

画像
一般的には買取が難しいと言われる事故車、故障車、不動車ですが、トラックや重機、建機などの場合はどうなのでしょうか。通常、水没車、事故車、故障車、車検切れ車などを自分で処分する際には、廃車費用と解体費用で数万円程度の出費がかかってしまいます。なんとかお金をかけずに処分したり、買取で処理したいところです。トラックや重機、建機などの場合、事故車、故障車、不動車であっても、買取をしてくれる業者が存在します。その理由は、中の部品だけを使用したり、海外に輸出される需要があるからです。トラック、重機、建設機械などは海外でも新品を買うと高額ですし、日本製は海外製に比べ寿命も長く、部品などをリサイクルして再利用することが可能です。

 

現在は日本全国に、中古や不動のトラックや重機、建機などを海外に輸出する専門商社も増えており、事故車、故障車、不動車などでも買取を行ってくれることが多いようです。廃車業者や解体業者などに自分で処分を依頼すると、数万円程度の処理費用がかかってしまいますので、使わない車にお金を支払う前に、一度買取が可能なのかどうかを業者に問い合わせてみることをお勧めします。

TOPへ戻る

Ranking

Contents

ページトップ