高価買取・スピード査定で評判のトラック、重機・建機、バス買取業者10社を徹底比較!ランキングで紹介します。

トラックの買取を依頼するメリットは何がある?下取りとの比較

サムネイル

 

不要なトラックの処分を検討する際、買取と下取りのどちらにするか悩んでいる方はいませんか?それぞれメリットとデメリットがあるので判断する前に確認することが大切です。

今回はトラックの買取と下取りのメリット・デメリットについてご紹介いたします。

 

そもそもトラックの買取とは?

トラックの買取について、そのメリットとデメリットも併せて解説します。

 

買取とは

買取とは、自分が所有しているものを業者などに売却することをいいます。

トラックの場合は、中古車の買取販売業者や買取専門業者に買い取ってもらうことで、不要になったトラックを手放したり新しいトラックに買い替えたりする際に現金化する方法が買取です。

 

買取のメリット

トラックの買取において、一番のメリットは高額買取が期待できる点です。トラックの買取を専門としている業者は、トラックや中古市場についての知識が豊富なので、正しく価値を見極めてもらえます。

また買取業者は、中古トラックを売却するさまざまな販路をもっています。国内だけでなく海外にも販路をもっている業者や、トラックを分解して部品を売却するトラック専門の中古車買取販売業者など、それぞれ得意分野があります。

たとえ見積もりで安い価格が付いても、別のところでは高値で買取してもらえる可能性もあるのが中古トラック市場です。

古くて状態の悪いトラックや主要メーカー以外のトラックでも買取が可能な業者はいるので、どんなトラックでも廃車にする前に一度査定に出してみましょう。

 

買取のデメリット

トラックの買取査定金額は、業者によってさまざまです。少しでも高い金額で売却したいのであれば、複数の業者で見積もりを出してもらう必要があり、手間に感じてしまうかもしれません。

乗り換えの場合、新しいトラックを購入する店舗と古いトラックを売却する店舗が別のこともあり、手続きや書類の提出などの手間が増えて大変です。また、納車の予定を買取店に合わせる必要があるので、新しいトラックが納車されていないのに古いトラックを手放すことになる可能性もあります。

 

買取が向いている人の特徴

買取は、なるべく高い金額で売却することを優先したい人に向いています。査定額によっては、新しいトラックの購入資金にまわすこともできます。また、新しいトラックを購入する予定はなくても、不要になったトラックを売却することでまとまった金額が手元に入るため、資金が必要になった場合にもおすすめです。

 

そもそもトラックの下取りとは?

買取とは違う売却方法である、下取りについてご紹介します。

 

下取りとは

下取りとは、自分の所有しているものを買い取ってもらい、新しく購入する商品の費用にすることを言います。

トラックの場合は、メーカーと特約店契約を結んでいる販売店で新しいトラックを購入する際に、費用の一部として古いトラックを買い取ってもらう方法が下取りです。

 

下取りのメリット

一か所で購入と売却ができ、ディーラーが代行してくれる手続きなども多いので、簡単に乗り換えることができます。そして、新しいトラックが納車になるまで下取り予定のトラックを使い続けることができる点も、大きなメリットです。

また、ディーラーは新しいトラックを買ってもらうために下取りをするので、買取では価格が付かないような状態のトラックでも値段が付く場合がほとんどです。

 

下取りのデメリット

下取りの価格はディーラーの言い値になり、中古トラック市場の相場は反映されない場合が多いです。そのため、買取に比べると低い価格での下取りになるでしょう。

ディーラーの中には、下取り査定が有料の店舗もあります。また、購入するトラックの価格から下取りの分を差し引くので、実際どれくらいの金額で下取りしてもらえたのかがはっきりしない点もデメリットの一つです。

 

下取りが向いている人の特徴

現在乗っているトラックを新しく買い替えたい人や、古いトラックの売却に手間をかけたくない人は下取りがおすすめです。

トラックの購入と下取りを行うことで、販売店やディーラーとの信頼関係を深めることができます。引き続き付き合いを継続していきたい場合にも、下取りはおすすめです。

 

トラックの買取や下取りを考えるべきタイミングはいつ?

 

一般の乗用車の場合は購入から3・5・7年、走行距離で言えば5万kmが買い替えのタイミングだといわれています。では、トラックの場合はどのタイミングで手放すのがよいのでしょうか。

 

トラックの寿命

トラックの寿命は新車であれば10年、中古車だと小型は3年で大型は5年ほどと言われています。しかし、トラックの実際の寿命は、車齢や使用年数よりも走行距離が大きく関係します。

 

目安の走行距離
小型トラック 10〜20万km
中型トラック 40〜50万km
大型トラック 70〜100万km

 

トラックは荷物を運んで長距離を走行するので寿命は短そうに感じますが、ディーゼルエンジンはとても頑丈で排気量も大きいので、負荷が少なく済み、比較的寿命が長いです。日頃のメンテナンスやこまめな修繕を行うことによって、さらに寿命が短くなるのを防ぐことができます。

また、トラックのモデルチェンジによって型落ちになると、買取価格が下がってしまう可能性があります。査定金額を高くしたい場合には、寿命に加えてモデルチェンジのタイミングも合わせてチェックするとよいでしょう。

 

エンジンやギアの状態は要チェック!

いくら頑丈なトラックとはいえ、毎日乗っているとエンジンやギアに不調が出始めることがあります。

 

ギアの不調 ・ギアチェンジができない

・ギアからおかしな音がする

・使えないギアがある

エンジンの不調 ・エンジンからおかしな音がする

・オイル漏れ

・白煙が出る

 

このような場合には早めに修理をする必要がありますが、修理の費用が高額になってしまうケースも少なくありません。

修理に数十~数百万円以上かかるような場合もあるので、こまめに整備をすることが大切です。走行距離が長くなって、大がかりな修理やパーツ交換が必要な状態になってしまったら、買い替えを検討する時期がきていると考えましょう。

 

寿命がきたトラックに乗り続けても大丈夫?

使用年数や走行距離、車体のコンディションから寿命がきていることがわかっている場合は、早めに買い替えをすることをおすすめします。

もちろん、寿命がきていてもメンテナンスをすれば問題なく乗れるトラックもありますが、以下のようなさまざまなリスクが伴います。

 

・メンテナンスの費用が多額になる

・売却するときの査定金額が下がる

・事故につながる可能性がある

 

すぐに乗れなくなるわけではありませんが、寿命がきているトラックに乗り続けることは、得策とは言えません。

 

買取希望の場合は走行距離を目安にすることも考えよう

トラックを廃車にするのではなく買取を希望する場合は、走行距離を目安にするとよいでしょう。一般的にトラックの寿命であるといわれる走行距離を超えると、買取査定の金額が大きく下がってしまいます。

トラックの寿命まで乗って買い替えるのか、なるべく高く売れる時期に売却するのか、どちらにしても走行距離はチェックしておきたいポイントです。

 

少しでも寿命を延ばすために必要なこと

仕事の相棒ともいうべきトラックは、できるだけ長く乗りたいものです。寿命を延ばして、長く乗り続けるために心がけたい3つのことをご紹介します。

 

過積載をしない

トラックは荷物を運ぶ車なので、どうしてもたくさん載せてしまうことがあります。とはいえ、重すぎたり多すぎたりする荷物を載せてばかりなのは、車両やタイヤ、エンジンなどさまざまな部分に大きな負担がかかります。

トラックには最大積載量が定められていますが、ギリギリの量よりも控えめの7〜8割程度の荷物を載せるように心がけましょう。

 

丁寧な運転を心がける

トラックは車体が大きく荷物もたくさん載せているので、急ブレーキや急発進時の負荷が大きいです。日頃から丁寧な運転を心がけることで、トラックへの負荷を抑えることができます。粗い運転はトラックの寿命に影響するため、急加速や急停車など「急」と言葉が付く動作には気を付けるようにしてください。

 

こまめなメンテナンスを心がける

トラックの寿命を延ばすために重要なことの一つが、定期的なメンテナンスです。トラックは乗用車よりも頑丈にできていて、長い距離を走ることを想定して作られています。

乗用車に比べて構造がシンプルで、メンテナンスが簡単にできるようになっていますが、日々の走行でダメージを受けたり長距離を走行することでパーツが劣化したりすることもあるでしょう。

こまめに点検修理をして常によい状態を保つことは、トラックの寿命を延ばすだけでなく、安全運転のためにもとても重要です。

オイル交換は、大型トラックであれば走行距離3〜5万kmごとに行いましょう。また、オートグリスターが搭載されているトラックでも、走行距離1万kmを目安に自分でグリスアップを行うことをおすすめします。

タイヤは大きなトラックを支えて走っているので、摩耗や劣化があると車体の寿命にも影響を与えます。点検の際にはタイヤの状態も確認して、スリップサインやひび割れなどが見つかったらすぐに交換をしましょう。

 

まとめ

不要になったトラックを処分する方法の「買取」と「下取り」、両方のメリットとデメリットなどの特徴をご紹介しました。トラックを少しでも高く売却したい時には買取を、手間を減らして新しいトラックを買い替えたい場合には下取りを利用するのがおすすめです。

こまめにメンテナンスをするなど、トラックの寿命を少しでも延ばせるように大切に乗っていても、長く乗っていると走行距離も増えるため、いずれは乗り換えの時期がやってきます。

トラックの寿命を感じたら、早めに買取に出して乗り換えることも検討しましょう。また、日頃から安全運転を心がけることも大切です。

関連記事

TOPへ戻る

Ranking

Contents

ページトップ