高価買取・スピード査定で評判のトラック、重機・建機、バス買取業者10社を徹底比較!ランキングで紹介します。

トラック買取の主要10社紹介画像 トラック買取業者ランキング 重機・建機買取業者ランキング バス買取業者ランキング

contents

決済代行会社ランキング

お客様の情報

  • 必須
  • 必須
  • 必須

車両情報

トラクターを高く買取してもらう方法とは?人気のメーカーや相場についても紹介

サムネイル

 

トラクターを高く買取してもらうためには、いくつかの注意点があります。

また、人気のメーカーのトラクターであれば、動かない場合でも高額での買取が期待できるため、まずは一度買取業者に査定を依頼しましょう。今回はトラクターを高く買取してもらう方法を紹介します。

 

買取業者にトラクターを売却するメリット

「不要になったトラクターの処分の仕方がわからない」とお悩みの方もいらっしゃるでしょう。その場合には、買取業者にトラクターの査定を依頼するのがおすすめです。

以下では、買取業者にトラクターを売却する3つのメリットを紹介します。

 

処分費用がかからない

トラクターをそのまま処分すると処分費用がかかりますが、買取業者に買取を依頼すると処分費用がかからないうえに、状態の悪いトラクターでも思わぬ高値で買取してもらえることがあります。

意外に思われるかもしれませんが、買取の対象となるのは新しいトラクターや状態のよいトラクターだけではありません。なぜならトラクターは海外での需要が高く、部品単体でのニーズも高いため、業者によっては年式が古かったり故障していたりするトラクターでも買取してもらえるからです。

万が一、買取価格が付かない場合でも無料で引き取ってもらえる可能性があります。お手持ちのトラクターを廃車として処分する前に、一度査定に出してみましょう。

 

役所での手続きを代行してもらえる

買取業者に買取を依頼すると、役所での手続きを代行してもらえるため、手間も省けてなおかつ安心です。

トラクターに限らず、車両を売却する際は名義変更の手続きをする必要があります。名義変更をする際には多くの書類が必要になるため、手続きには手間と時間がかかります。特に3月末に車の売却を考えている場合、手続きが長引いて月をまたいでしまうと自動車税が請求されてしまうため、名義変更の時期にも注意が必要です。

その点、買取業者は普段から名義変更などの手続きを行っているため、スムーズかつ確実に手続きを完了できます。

 

トラブルを回避できる

トラクターを個人間で売買しようとすると、名義変更のミスや料金の未払いなどのトラブルが生じるリスクがあります。しかし、買取業者に依頼することで、そのようなトラブルの回避が可能です。

万が一、売却直後のトラクターに異常が見つかった場合でも、アフターフォローやサポートがしっかりしているため、個人間のトラブルにはつながりません。手間や時間だけでなく、トラブルを避けられることも、買取業者に依頼するメリットといえるでしょう。

 

トラクターの買取相場

トラクターの買取価格は馬力や年式、メーカー、車種などによって異なり、買取相場は、1〜255万円と大きな幅があります。

広い土地で使用する場合は大きな馬力が必要になるため、馬力が大きいトラクターほど高値が付く傾向にあります。

また、高価買取が期待できるのは、クボタやヤンマー、イセキなどの日本を代表する人気メーカーです。これらのメーカーのトラクターは、年式が古いものであっても高値が付く可能性があります。

 

高く売れるトラクターの特徴   

高く売れるトラクターの主な特徴は、「国産のトラクター」「稼働時間が少ないトラクター」「馬力が高いトラクター」「人気モデルのトラクター」の4つです。以下で1つずつ詳しく解説します。

 

国産のトラクター

国産のトラクターは耐久性があり、故障しにくいことから、国内外問わず人気があります。

特に、日本製のトラクターは海外での人気が高く、海外に販路をもつ買取業者であれば、古かったり状態が悪かったりするトラクターでも買取してもらえるでしょう。

 

稼働時間が少ないトラクター

日本の中古市場では、トラクターの稼働時間が少ないほど高い値が付く傾向にあります。

トラクターの稼働時間は、運転席に付いているアワメーターで確認することが可能です。1,000時間が1つの目安となっており、1,000時間以内であれば、稼働時間が少ない車両として高価買取が期待できます。

 

馬力が高いトラクター

馬力が高いトラクターは、高価買取が期待できます。

特に海外では日本よりも広大な土地を耕す場合も多く、馬力の高いトラクターが必要とされます。一般的に、20馬力以上の機種が高価買取されている傾向にあります。

 

人気モデルのトラクター

人気モデルのトラクターは新しいモデルであるほど価値が高くなりますが、人気のある機種であれば、古いモデルでも高く買取してもらえる可能性があります。

特に、クボタやヤンマー、イセキなどの日本を代表する国産メーカーのトラクターは非常に丈夫で壊れにくいため、1980〜1990年代のものでもいまだに需要が衰えません。

その中でも、クボタの「L1型」や「Mシリーズ」、ヤンマーの「F/FX型」「YMシリーズ」、イセキの「ジアスAT型」「TSシリーズ」などは高価買取が期待できます。

 

買取で人気のトラクターのメーカー   

買取で特に人気のメーカーは、「クボタ」と「ヤンマー」「イセキ」「三菱マヒンドラ農機」「オーレック」「Deere&Company」の6つです。それぞれのメーカーについて詳しく見ていきましょう。

 

クボタ

クボタは稲作と畑作の両方を手がける農業機械メーカーです。

1970年代に国内で初めてのトラクターを販売して以降、トラクターの先駆者としての地位を築いてきました。

日本国内はもちろんのこと、グローバル事業にも力を入れており、インドやカンボジア、アメリカ、ヨーロッパなど世界各国でクボタのトラクターが活躍しています。

耐久性の高さが評価されているため、中古市場においても高い人気を集めています。

 

ヤンマー

ヤンマーは、農業機械以外にも舶用・産業用エンジンや建設機械などを手がける企業です。

乗用型トラクターが販売された1963年以降、エンジンのパワフルさや使いやすさ、シンプルな操縦性などが高く評価されています。

新車・型落ち問わず需要があるため、高価買取が期待できるでしょう。

 

イセキ

イセキは、1926年に創業した老舗農機メーカーです。1960年代に自走自脱型コンバインと呼ばれる日本型のコンバインを開発・販売し、北米を中心に海外への事業展開も積極的に行っています。

イセキのトラクターは、手頃な価格設定とメンテナンスのしやすさが特徴的で、ヤンマーに劣らぬ人気があります。

 

三菱マヒンドラ農機     

三菱マヒンドラ農機は、1980年に設立された農機メーカーです。トラクターだけではなく、コンバインや田植機、耕うん機など、農機具全般の開発製造を行っています。

三菱マヒンドラ農機のトラクターは、耐久性はもちろん、効率性や安全性にも優れているのが特徴です。

そのため、新しいモデルや状態のいいトラクターだけではなく、古いモデルであっても稼働時間が少ないものであれば高値が付く可能性があります。

 

オーレック

オーレックは、1948年に設立された小型農業機械の製造を中心に行っているメーカーです。

代表的な製品は芝刈り機や草刈機で、日本市場で高いシェア率を占めています。

オーレックのトラクターは、実用性に特化していることに加えて部品にもこだわっているため、国内外から高い評価を受けています。

また、オーレックではアクセサリーのみの製造も行われており、パーツの交換や修理がしやすいことも、人気がある理由の一つです。

 

Deere&Company

Deere&Company(ディアアンドカンパニー)は、1837年に創業された米国を代表する農業機械メーカーです。

日本ではヤンマーが輸入・販売を行っており、パネルも日本語化されているため、不自由なく操縦できます。代表的なトラクターは、創業者の名前が付けられた「ジョン・ディア」ブランドで、1970〜1980年代の古いモデルでも需要があります。

 

トラクターを高く買取してもらうためのポイント

 

トラクターは中古市場でも需要のある製品ですが、すべての製品に高値が付くわけではありません。ですが、トラクターの購入に費用がかかる分、できるだけ高く売却したいと思う方も多いのではないでしょうか。そこで以下では、トラクターを少しでも高く買取してもらうためのポイントを7つ紹介します。

 

洗車をきちんとする

第一印象は査定において非常に重要です。綺麗な状態のものはその後のメンテナンスに手間がかからないため、高価買取が期待できる傾向にあります。

ボディ部分はもちろん、エンジン回りやタイヤに付いた泥汚れも綺麗に落としてから査定に出しましょう。

 

メンテナンスの履歴を揃える

これまで行ってきたトラクターのメンテナンス内容や履歴のわかるものは、できるだけ揃えておきましょう。

メンテナンスの証拠となる書類は、領収書や明細書、検査記録表などが該当します。買取業者側はこれらの書類があることで、安心して中古市場にトラクターを売りに出すことができます。

また、メンテナンス履歴の有無で大きく査定額が変わる場合もあるため、トラクターの査定と一緒に書類を提出しましょう。

 

燃料の補給やバッテリーを充電しておく

トラクターの査定において、稼働するかしないかも重要なポイントです。

そのため、故障していないトラクターを査定に出す場合は、燃料の補給やバッテリーの充電をし、動く状態にしておきましょう。

 

付属品を付ける

査定時には、トラクターを購入した際に付いてくるインナーチューブやブラシガード、ビーコンなどの付属品も一緒に持参するのがおすすめです。

トラクターの部品のみの需要も高いため、高値で買取してもらえる可能性があります。

できるだけトラクター購入時に付いてきた付属品は保存しておき、残しておくとよいでしょう。

 

使用していないトラクターは早めに査定してもらう

使用していないトラクターは早めに査定に出すのがおすすめです。

売却を後回しにすると年式が古くなってしまい、査定額も下がってしまいます。それだけではなく、経年劣化で故障しやすくなる可能性もあるため、早めに買取を依頼しましょう。

 

プラスになる情報はきちんと伝える

バッテリー交換やタイヤ、オイル交換、定期的なメンテナンスなどの情報は査定の際にプラスになるポイントです。

査定額アップにつながる場合もあるため、これらの情報は忘れずに伝えましょう。

 

故障しているトラクターでもあきらめない

故障して動かないトラクターでも、あきらめずに査定に出してみましょう。

特に国産のトラクターは中古市場において需要が高く、車種や年式、馬力、状態などによっては高値が付く可能性もあります。

仮に、簡単な修理で直せそうな故障であれば、修理しておくのも一つの手です。修理をすると、故障車ではなく中古車としての扱いとなるため、査定額がアップする可能性があります。

ただし、大幅な修理が必要な場合は、査定額よりも修理費のほうが高くなってしまう可能性があるため、修理をせずにそのまま査定に出しましょう。

 

トラクターを買取に出す前に確認しておきたいポイント

トラクターを買取に出す前には、以下の2つのポイントを確認しましょう。

 

必要になる書類

まず、トラクターの買取を依頼する際には、いくつかの書類が必要になります。

必要書類は車体のタイプによって異なるため、よく確認してから準備に移りましょう。

 

<ナンバーありで車検が残っている場合>

ナンバーありで車検が残っているトラクターを買取に出す場合は、以下の7つの書類が必要です。

 

・車検証

・納税証明書

・自賠責保険証書

・印鑑証明書

・譲渡証明書

・委任状

・リサイクル券

 

車検証とリサイクル券は新車の納車や車検の際に発行される書類です。納税証明書は自動車税を納めた際、自賠責保険証書は自賠責保険に加入した際に発行されます。

印鑑証明書とは、登録した印鑑が本物であることを公的に認める書類です。法務局のホームページからオンラインで交付請求できます。

譲渡証明書とは、車両を新しい所有者へ譲渡することを証明する書類です。陸運支局の窓口や国土交通省のホームページで入手できます。

委任状は、買取業者に売却に関する手続きの代行を依頼するための書類です。国土交通省のホームページからダウンロードし、印刷できます。

 

<ナンバーなしで車検が残っていない場合>

ナンバーなしで車検が残っていない場合は、以下の5つの書類が必要です。

 

・車検証

・譲渡証明書

・印鑑証明書

・委任状

・リサイクル券

 

納税証明書と自賠責保険証書の提出は必要ありません。

 

<一時抹消済みの場合>

一時抹消済みの場合に必要な書類は2つです。

 

・抹消登録証明書

・譲渡証明書

 

抹消登録証明書は、車検証の代わりとなる書類で、陸運局で入手できます。

 

製造年式

トラクターの製造年式は売却時にとても重要な情報です。

製造年式とは、車の製造日や新車として登録された年月のことで、製造年式を見ることでトラクターの使用年数がわかります。

製造年式は、トラクターに付いているプレートの製造番号や型式をメモし、メーカーに問い合わせるとスムーズかつ確実です。

 

トラクターの買取業者の選び方

トラクターを少しでも高く売却するためには、依頼する買取業者の選び方も非常に重要です。買取業者によって買取が得意な車種や販売ルートが異なるため、同じトラクターでも買取価格に差が出ます。

以下では、トラクターの売却で損をしない買取業者の選び方を2つ紹介します。

 

きちんと書類の手続きをしてくれる

トラクターを売却する際には、さまざまな書類の提出や手続きが必要であるため、書類の手続きをしっかりと行ってもらえる買取業者に依頼すると安心です。

また、軽自動車税の対象になっているトラクターはナンバー登録が義務付けられており、売却時にはナンバー登録の解除とナンバープレートの取り外し作業が必要です。

これらの手続きを代行してくれる買取業者に依頼をすることで、自分で手続きや作業を行う時間や手間を省くことができます。

 

出張査定や輸送費用の有無

査定を依頼する前には、出張査定や輸送費用の有無についても確認しましょう。

出張査定を行っている買取業者に依頼をすれば、トラクターを買取専門店まで運ぶ手間を省けます。それだけではなく、査定員と直接金額交渉をすることも可能です。

また、査定額が満足できる金額であっても、出張費や郵送費用がかかってしまうと、結局手元にあまり残らないということも考えられます。そのため、出張費や査定料、輸送費用の有無についても事前にしっかり確認しましょう。

 

まとめ

日本製のトラクターは国内外問わず中古市場においても人気があります。もし、処分に困っているトラクターがある場合は買取業者に買取をお願いするのがおすすめです。状態の悪いトラクターでも馬力や年式、メーカー、車種などによっては思わぬ高値が付くことがあります。売却をする際には必ず洗車をし、綺麗な状態にしてから査定に出しましょう。

関連記事

TOPへ戻る

Ranking

Contents

ページトップ