高価買取・スピード査定で評判のトラック、重機・建機、バス買取業者10社を徹底比較!ランキングで紹介します。

トラックファイブとトラック買取安心センターの違いとは?

サムネイル

 

トラックの買取業者にはさまざまな違いがあります。業者ごとの特徴を把握して、適切な業者を選びましょう。

今回は、トラックファイブとトラック買取安心センターの違いについてご紹介します。

 

トラックファイブとトラック買取安心センターの運営会社の違い

トラックファイブとトラック買取安心センターそれぞれの運営会社について紹介します。

 

トラックファイブの運営会社

運営会社名 株式会社トラックファイブ
会社所在地 ・本社:東京都港区新橋5-14-10新橋スクエアビル8F

・北海道支店:北海道札幌市中央区北一条東2-5-2 札幌泉第一ビル2F

・東北支店:宮城県仙台市宮城野区榴岡4-6-28 テンザホテル・仙台ステーション3F

・北関東支店:埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-379-1 安藤恒産ビル5F

・関東支店:東京都港区新橋5-14-10新橋スクエアビル5F

・東海支店:愛知県名古屋市中村区名駅3-4-6 名駅桜ビル3F

・北陸支店:富山県富山市桜橋通2-25 富山第一生命ビルディング9階

・関西支店:兵庫県神戸市中央区八幡通3-2-5IN東洋ビル403

・中国支店:広島県広島市中区胡町4-21朝日生命広島胡町ビル5F

・九州支店:福岡県福岡市博多区博多駅前1-7-22 第14岡部ビル2F

連絡先 お客様相談窓口:0120-330-215

 

トラック買取安心センターの運営会社

運営会社名 株式会社オートスピリット
会社所在地 ・本部(横浜SR):神奈川県横浜市都筑区北山田2-1-10

・青葉店:神奈川県横浜市青葉区市ヶ尾町2046-1

・コールセンター:神奈川県横浜市都筑区富士見が丘17-15

連絡先 コールセンター:0120-196-552

電子メール:info@autospirit.com

 

トラックファイブとトラック買取安心センターの査定比較

トラックファイブとトラック買取安心センターの査定について、4つに分けて比較します。

 

買取方法 

<トラックファイブ>

トラックファイブの査定の申し込みは、ネット・電話・メール・LINE・FAXで可能です。

とにかく「金額だけ知りたい」という方は「無料査定をする」ボタンからお進みください。

また、「WEB相談・お問い合わせ」もしくは「電話で相談・申込する」からも査定依頼が可能です。

査定は、お電話で概算もお伝えできますが、より正確に金額を知ることができる「出張査定」がおススメです。

出張買取の流れは、お申込みいただいた後にスタッフがお伺いのうえ、お車の状態を直接確認し、査定金額を提示いたします。ご提示金額に納得いただけましたら、売買契約を締結し完了です。

 

<トラック買取安心センター>

トラック買取安心センターの査定の申し込みは、ネット・電話・LINEで行えます。

ネットは24時間受付しています。

出張買取の流れは、申し込み後にスタッフが訪問しお車の状態を直接確認のうえ、メールまたは電話にて査定金額が提示されます。

店舗は関東地方のみですが、全国への出張査定に対応可能です。

 

買取対象

<トラックファイブ>

低年式や過走行、車検切れの車両やバッテリーが上がってしまい動かせない不動車のほか、事故や修復歴のある車両、改造車など、基本的にはほとんどの車両の買取が可能です。

トラック買取メーカーは、いすゞ・三菱ふそう・日野・日産・UDトラックス・トヨタ・マツダなど幅広いメーカーに対応します。

また、トラックやダンプ以外にも、さまざまな種類の重機・建設機械、バス、農機、特殊車両なども買取対象車両です。

 

<トラック買取安心センター>

トラックやダンプはもちろん、霊柩車や教習車、郵便車などの特殊用途車両にも対応しています。

トラック買取メーカーは、いすゞ・三菱ふそう・ダイハツ・UDトラックス・トヨタ・マツダなどです。

 

買取実績

<トラックファイブ>

創業から20年近くの実績があり、年間取扱台数は1万台以上と業界でもトップクラスの実績を誇ります。

 

<トラック買取安心センター>

トラックの買取実績は累計3,000台以上です。買い取った優良車両の一部は、同じ運営会社が経営する「横浜レンタカーBIG」のレンタカーとして活用されています。

 

買取価格

<トラックファイブ>

過去の買取実績の一部を紹介します。

 

・日野トラック(レンジャー、平成29年式、走行距離229,635km):320万円

・三菱ふそうバス(ローザ、平成14年式、走行距離33,545km):77万円

・トヨタフォークリフト(平成26年式、走行距離867km):100万円

・日立油圧ショベル(年式不明、走行距離8,000km):230万円

・いすゞダンプ(エルフ、平成30年式、走行距離39,603km):290万円

 

<トラック買取安心センター>

過去の買取実績の一部を紹介します。

 

・トヨタトラック(トヨエース、平成26年式、走行距離15,000km):180万円

・いすゞダンプ(エルフ、平成26年式、走行距離24,000km):200万円

・三菱ふそう冷凍冷蔵車(キャンター、平成28年式、走行距離199,000km):68万円

・いすゞクレーン車(フォワード、平成17年式、走行距離91,000km):230万円

・スズキキッチンカー(キャリイトラック、平成29年式、走行距離24,000km):160万円

 

トラックファイブとトラック買取安心センターのサービス比較

 

トラックファイブと買取安心センターのサービス内容を比較します。

 

対応している買取エリア

<トラックファイブ>

北海道・東北・北関東・関東・東海・北陸・関西・中国・九州にある9か所の支店からお客様の元へ直接お伺いし、買取対応しています。そのため、日本全国でのスピード対応が可能です。

 

<トラック買取安心センター>

拠点は国内に2か所ですが、北海道から九州まで多数の買取実績があります。トラックの写真や車検証のコピーがあれば、プロの専任スタッフによる電話での買取も可能です。

 

その他のサービス

<トラックファイブ>

スマホやパソコンから車種や走行距離を入力するだけで行える最短20秒の簡易査定に対応しています。また、トラックファイブは直営店のため、中間マージンが発生せず、高価買取を実現しやすいのが特徴です。その他に、即日現金買取に対応しており、出張料無料、書類作成の無料代行なども行なっています。

 

<トラック買取安心センター>

即日現金買取のほか、指定口座への事前振込にも対応しています。車両の引き取り前に買取金額が支払われるため、引き取り後に値引きされる心配がありません。また、「横浜ブランド買取家」と連携しているため、トラック以外に腕時計やバッグ、ジュエリーなどの貴金属やブランド品の買取も可能です。

 

トラックファイブとトラック買取安心センターそれぞれの口コミ

トラックファイブとトラック買取安心センターはそれぞれ、どのような口コミの評判を受けているのかをいくつか紹介します。

 

トラックファイブの口コミ

【50代男性】

すぐに現金が必要であったため、まとめて3社に査定依頼をお願いしました。

その中で、受付の対応がよかったことや、電話と実際で見積もりの査定額に差がなかったトラックファイブが1番安心できる業者だと思いました。

 

【40代男性】

実家の庭に、父が現役時代に使っていたトラックが放置されていたため、なんとか売れないだろうかと思いネットを検索しました。

さまざまな買取業者の評判を見比べましたが、トラックファイブの評判が1番よかったため、思い切って電話してみました。

古いトラックだったにもかかわらず、本当に買い取ってくれて大変満足です。

早い対応と買取額に驚きました。

 

【20代男性】

トラックファイブの他にも査定を依頼しましたが、1番高い査定額を付けてくれたのがトラックファイブでした。

査定額が他より10万円以上高かったので、迷わずこちらに決めました。

 

【30代男性】

知識が乏しく、わからないことが多かったため、担当の方にいろいろとご質問させてもらいました。

最適なアドバイスもいただけたうえに、丁寧かつスピーディーな対応に感謝しております。

ありがとうございました。

また機会があれば、利用させていただきたいと思います。

 

【40代男性】

トラックファイブは対応が早く、査定の回答もすぐいただけました。

 

トラック買取安心センターの口コミ

【40代男性】

最近、よくトラック会社の営業電話がかかってきており、困っておりました。ところが、いざ売却しようと思い立ったときに買取業者さんを探したところ、似たような記載ばかりで違いがわかりませんでした。トラック買取安心センターさんに電話したところ、その場で現金買取も可能とのことで依頼をしました。営業さんの対応もよく、とてもスピーディーで驚きました!

 

【30代男性】

こんな田舎まで取りに来てくれるのかと心配でしたが、電話で査定を行ってくれるとのことで依頼させていただきました。廃車同然のエルフでしたが、営業の方がとてもよくしてくれたので、安心して売却できました。

 

【50代男性】

まだ新しいいすゞフォワードを買い取ってもらいました。すぐに現金化したかったので、トラック買取安心センターさんを選びました。依頼に素早く対応していただけたので、安心して任せられました。

 

トラックファイブとトラック買取安心センターのメリット・デメリット

トラックファイブとトラック買取安心センターのメリット・デメリットをそれぞれ紹介します。

 

トラックファイブ

<メリット>

1.即日現金買取に対応している

2.直営店なので中間マージンを省いて高額買取を実現している

3.ネットや電話でスピーディーな概算査定ができる

4.出張査定や書類作成代行も無料で対応している

5.公式サイトにて買取実績を写真付きで確認できる

 

<デメリット>

1.日曜日が定休日のため電話対応はしていない(査定受付はしている)

 

トラック買取安心センター

<メリット>

1.「横浜ブランド買取家」と連携しているため、貴金属やブランド品の買取にも対応できる

2.公式サイトにて買取実績を写真付きで確認できる

 

<デメリット>

1.店舗は関東圏の2か所にのみある

2.土日祝日は休日、及び、水曜日が定休日のため、対応していない

 

まとめ

今回はトラックファイブとトラック買取安心センターを比較しました。トラックを手間なく高値で売却したいという方には、トラックファイブのご利用がおすすめです。トラックの売却をお考えの方は、ぜひ一度トラックファイブにご連絡ください。

関連記事

TOPへ戻る

Ranking

Contents

ページトップ